www.ibaraki-maibun.org 発掘情報いばらき
発掘遺跡・整理遺跡
情報最前線
概要
発掘遺跡・整理遺跡
これまでの発掘・整理遺跡
小中学生のためのやさしい考古学講座
報告書のご案内
リンク集
HOME
E-mail

埋蔵文化財整理センター[ご案内マップ]

〒311-4325 茨城県東茨城郡城里町北方1481(茨城県埋蔵文化財センター いせきぴあ茨城 内)
TEL:029-289-2002
FAX:029-289-2008
Mail:seiri.center@maibun.ibk.ed.jp

188 628 006*40
「マップコード」および「MAPCODE」は(株)デンソーの登録商標です。
 
 

今月の逸品(2020.10):熊ノ平古墳群出土のミニチュア土器


熊ノ平古墳群は,行方市の北部に位置し,武田川右岸の尾根上に延びる標高約34mの台地上に立地する縄文・古墳・奈良・平安時代の集落跡です。平成30・31年に発掘調査を実施し,竪穴住居跡や掘立柱建物跡などの遺構を確認しました。
今回ご紹介するのは,古墳時代後期のミニチュア土器です。古墳時代の竪穴住居跡に大量の土器が棄てられており,その中に普通の半分以下の大きさの土器が出土しました。ミニチュア土器と呼ばれるこれらの土器は,高さ3pしかない小さなものや,本物の土器にそっくりなものなど,形は様々です。これらのミニチュア土器の半分は,竈の脇から出土しています。この竪穴住居跡からは,土製勾玉も出土していることを考えると,住居を壊して埋める時にお祭り事を行ったのでしょう。
 
様々な形のミニチュア土器(左手前4点) 竪穴住居から出土した土製勾玉
 

今月の逸品(2020.8):上境滝の台(かみざかいたきのだい)古墳群・上境作ノ内(かみざかいさくのうち)古墳群出土のガラス小玉


上境滝の台古墳群・上境作ノ内古墳群は,つくば市の東部,桜川右岸に位置し,標高26〜28mの台地縁辺部に立地する旧石器時代から古墳時代にかけての複合遺跡です。平成30年に発掘調査を実施し,上境滝の台古墳群で1基,上境作ノ内古墳群で4基の古墳を確認しました。
7月から整理作業がスタートし,現在,遺物抽出・接合作業と並行しながら遺物実測作業を行っています。上境滝の台古墳群の第3号墳(前方後円墳)から118点,上境作ノ内古墳群の第9号墳(帆立貝形古墳)から22点のガラス小玉が出土しています。第3号墳から出土している118点は,径約3mm厚さ約2mm,孔径約1mmと小さく,細かい気泡や表面が荒い,突起状の溶け残りなどが観察でき,鋳型にガラスの粉末を入れ,高温で溶かし作成されたと考えられます。第9号墳から出土している22点は,径約7mm,厚さ約5mm,孔径約2mmと,第3号墳のものよりも大きく,気泡が孔と平行に伸び,表面は比較的滑らかなことが観察でき,中空のガラス管を細かく裁断する「管切り法」で作成されたものと考えられます。
 
出土したガラス小玉(一部) 切り法の特徴として見られる縦に白く伸びる気泡
   
 
鋳造の特徴として見られる突起状の溶け残り  
 

今月の逸品(2020.7)金田西坪B(こんだにしつぼびー)遺跡出土の縄文土器


金田西坪B遺跡は,つくば市の東部,桜川右岸に位置し,標高25mの台地平坦部に立地する縄文時代から平安時代にかけての集落跡と奈良時代から平安時代の官衙関連施設跡です。平成28年から30年にかけて発掘調査を実施し,現在整理作業を行っています。
今回ご紹介するのは,縄文時代中期の遺構と遺物です。当遺跡では,縄文時代中期にみられるフラスコ状土坑を9基確認しました。その多くが開口部の径が2m前後,最大径は2.5m前後,深さ0.5m前後にもなる大規模なものです。これらは袋状に内彎しており,当時の貯蔵穴と考えられます。遺物としては千葉県香取市の阿玉台貝塚と千葉市加曽利貝塚の出土土器を標式とする「阿玉台式土器」や「加曽利E式土器」のほか,神奈川県相模原市の勝坂遺跡の出土土器を標式とする「勝坂式土器」なども出土しました。これらは,当時の人々の交流をうかがうことができる逸品です。
 
土器の接合作業 復元された縄文土器
 

今月の逸品(2020.7)牛頭座南(ごとうざみなみ)遺跡出土の縄文土器


牛頭座南遺跡は阿見町の南部に位置し,桂川右岸の標高約25mの台地上に立地する縄文時代を中心とする集落跡です。平成29年度及び平成31年度・令和元年度に発掘調査を実施し,縄文時代中期後半から後期初頭の竪穴建物跡や土坑,炉跡を確認しました。
今回ご紹介するのは,縄文時代中期後半の「加曽利E式」土器です。関東地方を中心して分布する土器型式で,口縁部に渦巻文などの文様が施される系統のものです。当遺跡から出土した土器は,加曽利E式の中でも新しく,今から約4500年前の「加曽利EW式」のものが中心で,短期間に営まれた集落跡と考えられます。また,第1号竪穴建物跡からは土器を囲って炉として使用した土器埋設炉があり,当時の生活状況などを窺うことができます。
 
縄文時代の竪穴建物跡の遺物出土状況 縄文時代中期後半の縄文土器
 

今月の逸品(2020.6)下大賀(しもおおが)遺跡出土の墨書土器


下大賀遺跡は那珂市の北部,玉川右岸の標高約43mの台地上に立地しています。平成25年から令和元年にかけて発掘調査を実施し,奈良・平安時代の竪穴建物跡や掘立柱建物跡,溝跡などを確認しました。
今回ご紹介するのは,竪穴建物跡から多数出土している平安時代の墨書土器です。第217号竪穴建物跡からは,坏や皿の外面や底部に墨書された土器が7点出土しています。「永富来」などのいわゆる吉祥文字が多く確認できました。これらの土器は, 集落の性格や特徴を知る有効な手がかりとなります。
 
平安時代の竪穴建物跡(第217号)の遺物出土状況
 
 
  第217号竪穴建物跡から出土した墨書土器
 

今月の逸品(2020.6)大高台(おおたかだい)遺跡出土の弥生土器


大高台遺跡は高萩市の北東部に位置し,標高約45mの台地上に立地する弥生時代から平安時代にかけての集落跡と室町時代から江戸時代にかけての寺院跡です。平成31年から令和元年にかけて発掘調査を実施し,竪穴建物跡や掘立柱建物跡,道路跡などの遺構を確認しました。  
今回ご紹介するのは,弥生時代中期の遺構と遺物です。県内ではこの時期の建物跡はほとんど発見されておらず,集落の様相がわかっていません。隣の福島県では,当遺跡で確認した竪穴建物跡と似たものが複数確認されています。  
出土土器を見てみると,胴部に渦巻文が施された壺や,細縄文が施された甕が出土しており,これらの土器は,北茨城市中郷町足洗遺跡から出土した一括資料を標識とした「足洗式土器」と呼ばれる土器で,弥生時代中期後半に位置付けられています。足洗式土器は南東北地方の影響を受けており,県北地域の弥生文化は,北から南に伝播していることがわかります。
 
竪穴建物跡の遺物出土状況 弥生時代中期の壺(左)と甕(右)
 

令和2年度の整理遺跡


当センターでは,発掘調査で確認した住居跡などの図面や写真の整理作業,出土した土器などの接合・復元・実測作業などを行い,遺跡の報告書を作成します。
今年度は,
潮来市の一本椎遺跡,
行方市の熊ノ平古墳群,
かすみがうら市の姥久保遺跡,
つくば市の上境旭台貝塚・金田西坪B遺跡・上境滝の台古墳群・上境作ノ内遺跡・上境作ノ内古墳群・島名本田遺跡,
小美玉市の館野遺跡・並木新田台北遺跡,
那珂市の下大賀遺跡,
高萩市の大高台遺跡・北久保B遺跡,
取手市の米田水塚群,阿見町の牛頭座南遺跡
計9市町村の16遺跡について,整理作業を開始しました。
 
 
埋蔵文化財整理センター
(後ろの森には頓化原古墳があります)
 
 

 
もどる
上へ
2002 Ibaraki education foundation. All rights reserved.