www.ibaraki-maibun.org 発掘情報いばらき
発掘遺跡・整理遺跡
情報最前線
概要
発掘遺跡・整理遺跡
これまでの発掘・整理遺跡
小中学生のためのやさしい考古学講座
報告書のご案内
リンク集
HOME
E-mail

那珂事務所 [ご案内マップ]

〒319-2102 那珂市瓜連1,386-2
47 578 788*63
「マップコード」および「MAPCODE」は(株)デンソーの登録商標です。
 

下大賀遺跡(しもおおがいせき 08-343-007) [ご案内マップ]
47 608 433*00

所在地 茨城県那珂市下大賀910番地7ほか
立地 那珂市の北部,久慈川とその支流である玉川右岸の標高42mの台地上
調査原因 一般国道118号道路改築事業
委託者 茨城県常陸大宮土木事務所
調査期間 2017年4月1日〜2018年3月31日
調査面積 9,676㎡
種類 集落跡
主な時代 平安時代,室町時代
主な遺構 竪穴建物跡,土坑,溝跡,道路跡
主な遺物 土師器(坏・甕),須恵器(坏),灰釉陶器(壺),陶器(壺),石器(鏃)
*主な時代をクリックすると年表が出ます。
 

調査の状況

平成29年度の下大賀遺跡の発掘調査が始まりました。本年度は通年での調査を予定しています。現在は,国道118号の東側の調査区を調査しています。表土除去を行い,遺構確認作業を進めたところ,調査区を東西に縦断するように黒色土が広がっていました。一部を掘り下げたところ,両脇に側溝をもつ約6m幅の道路跡であることがわかりました。また,道路跡に堆積した土の中から,室町時代の陶器の破片が見つかりました。いつの時代に利用された道路跡なのかを解明する手掛かりとなる遺物が出土することを期待しながら調査を進めています。
 
遺構確認作業で姿を現す道路跡 東西に長く延びる道路跡と多数の遺構
 
 

 
もどる
上へ
2002 Ibaraki education foundation. All rights reserved.