www.ibaraki-maibun.org 発掘情報いばらき
発掘遺跡・整理遺跡
情報最前線
概要
発掘遺跡・整理遺跡
これまでの発掘・整理遺跡
小中学生のためのやさしい考古学講座
報告書のご案内
リンク集
HOME
E-mail

石岡事務所 [ご案内マップ]

〒315-0043 茨城県石岡市中津川123-1
112 320 158*23
「マップコード」および「MAPCODE」は(株)デンソーの登録商標です。
 

中津川遺跡(なかつがわいせき 08-205-151) [ご案内マップ]
112 320 154*01

所在地 茨城県石岡市中津川字霜富田前241番地ほか
立地 石岡市の南東部,恋瀬川左岸の標高24mの台地上
調査原因 国道6号千代田石岡バイパス建設事業
委託者 国土交通省関東地方整備局常陸河川国道事務所
調査期間 2018年4月1日〜12月31日
調査面積 7,424㎡
種類 集落跡
主な時代 縄文時代, 平安時代,室町時代
主な遺構 竪穴建物跡,方形竪穴遺構,土坑,溝跡,柵列跡,ピット群,遺物包含層
主な遺物 縄文土器(深鉢・浅鉢),打製石斧,磨製石斧,磨石,石皿,土師器(甕・坏),須恵器(坏・甕),土師質土器(小皿),土製品(管状土錘),金属製品(刀子・銭貨)
*主な時代をクリックすると年表が出ます。


調査の状況

縄文時代の遺構の他に,平安時代の土坑を確認しました。土坑は長さ180cm,幅80cmの長方形で,掘り込みの深さは約30cmあり,長軸方向は南北を向いています。土坑の覆土中層から管状土錘と土師器坏が各1点,底面の東寄りから刀子1点が出土しています。土坑の規模や形状,遺物の出土状況から,この土坑は墓と考えられます。刀子は土坑の底面から出土していることから,被葬者の脇に置かれたもの,管状土錘と土師器坏は覆土中層から出土していることから,被葬者に供えられたものと考えられます。埋葬方法は,棺の痕跡がなく,釘なども出土していないことから,土葬と推測されます。時期は,土師器坏から平安時代の9世紀中頃と考えられます。管状土錘が供えられていることから,眼下にひろがっていた霞ケ浦で漁労にかかわった人物かもしれません。
 
平安時代の墓(南から撮影) 被葬者に供えられた品々
 
 

調査の状況

今年度は,谷部とそれをとり囲む台地縁辺部を調査します。表土除去を済ませた範囲からは,これまでに竪穴建物跡や土坑などを数多く確認しました。竪穴建物跡の時期は,いずれも縄文時代中期後半の加曾利E式期と考えられます。竪穴建物跡の炉の多くは,地面を掘り窪めて火を焚いた地床炉でしたが,中には胴下半部を欠いた深鉢を埋設した土器埋設炉も確認できました。第34号竪穴建物跡の土器埋設炉は,埋設する土器の形に合わせて,漏斗状に掘り込んでいました。その丁寧な構築方法から,単なる地床炉とは異なる縄文人の特別な意識がはたらいていると想像できます。
 
第34号竪穴建物跡の土器埋設炉 丁寧に埋設された土器(断ち割り調査)
 
 

 
もどる
上へ
2002 Ibaraki education foundation. All rights reserved.