www.ibaraki-maibun.org 発掘情報いばらき
発掘遺跡・整理遺跡
情報最前線
概要
発掘遺跡・整理遺跡
これまでの発掘・整理遺跡
小中学生のためのやさしい考古学講座
報告書のご案内
リンク集
HOME
E-mail

石岡事務所 [ご案内マップ]

〒315-0043 茨城県石岡市中津川123-1
112 320 158*27
「マップコード」および「MAPCODE」は(株)デンソーの登録商標です。
 

中津川遺跡(なかつがわいせき 08-205-151) [ご案内マップ]
112 319 209*34

所在地 茨城県石岡市中津川245番地ほか
立地 石岡市の南東部,恋瀬川左岸の標高約24mの台地上
調査原因 国道6号千代田石岡バイパス建設事業
委託者 国土交通省関東地方整備局常陸河川国道事務所
調査期間 2020年6月1日〜9月30日
調査面積 2,969㎡
種類 集落跡,墓域
主な時代 縄文時代,平安時代,室町時代,江戸時代
主な遺構 竪穴建物跡,方形竪穴遺構,土坑,火葬墓,方形周溝状遺構,集石遺構,溝跡,遺物包含層
主な遺物 縄文土器(深鉢・浅鉢),土師器(坏・甕),須恵器(高台付坏・蓋),陶器(椀・長頸壺・捏鉢),磁器(碗),土器片製品(土器片錘・土器片円盤),土製品(環状土錘),石器(打製石斧・石皿・磨石・敲石)
*主な時代をクリックすると年表が出ます。


調査の状況(2020.08)

平安時代の火葬墓を確認しました。蔵骨器は灰釉陶器の長頸壺で,土師器の坏を逆さまに乗せて蓋にしています。蓋の上からは鉄製の農具(鋤先)が出土しました。長頸壺を蔵骨器(火葬骨を収める容器)にしたものは,今年度当財団で調査した水戸市の舟塚古墳群でも出土していますが,蔵骨器としては珍しい形状です。中津川遺跡では,隣接する調査区でも同時期の土坑墓を確認しており,平安時代には墓域であったと思われます。
 
出土した蔵骨器と鉄製農具 蔵骨器として使われた長頸壺


調査の状況(2020.07)

縄文時代中期の竪穴住居跡と袋状土坑を確認しました。竪穴住居跡は4本の柱穴をもつ方形と考えられます。内部に炉はありませんでした。袋状土坑からは完全な形になりそうな縄文土器が出土しました。これらの土器は,昨年度までの調査で確認した住居跡や土坑よりもやや古い時期のものと考えられます。当時の人々は時期によって住む場所を替えていったことが分かります。
 
方形の竪穴住居跡 袋状土坑から出土した縄文土器範囲


調査の状況(2020.06)

6月から中津川遺跡の調査を開始しました。今回は,昨年度までの調査区の西側を調査します。現在は,重機による表土除去を行い,遺構の確認作業を進めています。出土する遺物の多くは縄文土器で,昨年度調査したムラの広がりが確認できそうです。
 
遺構の確認作業 遺構確認状況(白く囲んである範囲)


田崎遺跡(たさきいせき 08-205-148) [ご案内マップ]
112 319 436*74

所在地 茨城県石岡市石岡4785−2付近
立地 石岡市の南東部,恋瀬川左岸の標高約20mの台地縁辺部
調査原因 一般国道6号千代田石岡バイパス建設事業
委託者 国土交通省関東地方整備局常陸河川国道事務所
調査期間 2020年度(予定)
調査面積 427㎡
種類 集落跡
主な時代 奈良時代,平安時代
*主な時代をクリックすると年表が出ます。



 
もどる
上へ
2002 Ibaraki education foundation. All rights reserved.