www.ibaraki-maibun.org 発掘情報いばらき
発掘遺跡・整理遺跡
情報最前線
概要
発掘遺跡・整理遺跡
これまでの発掘・整理遺跡
小中学生のためのやさしい考古学講座
報告書のご案内
リンク集
HOME
E-mail

かすみがうら事務所 [ご案内マップ]

〒315-0043 茨城県石岡市中津川123-1
112 320 158*27
「マップコード」および「MAPCODE」は(株)デンソーの登録商標です。
 

姥久保遺跡(うばくぼいせき 08-464-152) [ご案内マップ]
112 316 501*43

所在地 茨城県かすみがうら市東野寺字姥久保87-4ほか
立地 かすみがうら市の北東部,恋瀬川右岸の標高10〜20mの台地上
調査原因 国道6号千代田石岡バイパス建設事業
委託者 国土交通省関東地方整備局常陸河川国道事務所
調査期間 2020年10月1日〜12月31日
調査面積 1,199㎡
種類 集落跡
主な時代 縄文時代,古墳時代,奈良時代,平安時代
主な遺構 竪穴建物跡,土坑,溝跡
主な遺物 縄文土器,土師器,須恵器,灰釉陶器,緑釉陶器,土製品,鉄製品,製鉄関連遺物
*主な時代をクリックすると年表が出ます。


調査の状況(2020.10)

10月から姥久保遺跡の調査が始まりました。古墳時代の竪穴建物跡や奈良・平安時代の竪穴建物跡,土坑,溝跡などを調査しています。奈良・平安時代と考えられる土坑を複数基確認しており,その中には,多量の須恵器が出土した土坑や釘・斧などの鉄製品が出土した土坑があります。
 
須恵器が出土した土坑の調査 完全な形で出土した鉄斧



 
もどる
上へ
2002 Ibaraki education foundation. All rights reserved.