www.ibaraki-maibun.org 発掘情報いばらき
発掘遺跡・整理遺跡
情報最前線
概要
発掘遺跡・整理遺跡
これまでの発掘・整理遺跡
小中学生のためのやさしい考古学講座
報告書のご案内
リンク集
HOME
E-mail

土浦事務所 [ご案内マップ]

〒300-0849 茨城県土浦市中村西根1416付近
65 755 489*76
「マップコード」および「MAPCODE」は(株)デンソーの登録商標です。
 

白楽南塚(はくらくみなみつか 08-203-480) [ご案内マップ]
65 755 524*05

所在地 茨城県土浦市中村西根字白楽606番地2
立地 土浦市の南西部,乙戸川左岸の標高約25mの台地上
調査原因 一般国道6号牛久土浦バイパス新設事業
委託者 国土交通省関東地方整備局常総国道事務所
調査期間 2020年5月1日〜6月30日
調査面積 300㎡
種類
主な時代 江戸時代
主な遺構 塚,土坑,溝跡
主な遺物 縄文土器(深鉢),土師器(坏・甕),陶器(擂鉢),磁器(碗),石器(凹石),石製品(火輪),金属製品(釘),銭貨
*主な時代をクリックすると年表が出ます。


調査の状況(2020.05)

台地の平坦部に構築された塚を調査しています。塚は径約12mの歪んだ円形で,高さは現在の地表面から1.5mほどです。頂部には五輪塔の一部である火輪などの石造物が散在していました。表土を丁寧に取り除くと,塚の周囲から多数の寛永通宝や天保通宝(江戸時代の銭貨)が出土していることから,江戸時代の塚である可能性が高いと考えられます。
 
南から見た塚 頂部に散在する石造物



 
もどる
上へ
2002 Ibaraki education foundation. All rights reserved.