www.ibaraki-maibun.org 発掘情報いばらき
発掘遺跡・整理遺跡
情報最前線
概要
発掘遺跡・整理遺跡
これまでの発掘・整理遺跡
小中学生のためのやさしい考古学講座
報告書のご案内
リンク集
HOME
E-mail

つくば上河原崎事務所 [ご案内マップ]

〒300-2661 つくば市上河原崎681番地
18 860 879*45
「マップコード」および「MAPCODE」は(株)デンソーの登録商標です。
 

上河原崎前山遺跡(かみかわらざきまえやまいせき 08-205-379) [ご案内マップ]
18 890 138*12

所在地 茨城県つくば市大字上河原崎字前山403-3番地ほか
立地 つくば市の南西部,西谷田川左岸の標高約20mの台地上
調査原因 上河原崎・中西特定土地区画整理事業
委託者 茨城県土浦土木事務所つくば支所
調査期間 2019年8月1日〜2020年3月31日
調査面積 6,871㎡
種類 集落跡
主な時代 旧石器時代,古墳時代
主な遺構 竪穴建物跡,土坑,陥し穴,溝跡,石器集中地点
主な遺物 縄文土器(深鉢),土師器(高坏・坩・壺・甕),土師質土器(小皿・内耳鍋),土製品(土玉・管状土錘・舟形土製品),石器(剥片・石核・石鏃),石製品(勾玉・砥石),ガラス製品(臼玉),金属製品(鉄鏃・鉄斧)
*主な時代をクリックすると年表が出ます。
 

調査の状況 (2019.10)

古墳時代の遺構調査が終了しました。確認した7棟の竪穴建物跡は,全て古墳時代中期のものでした。出土した遺物に,舟を模した土製品や,青色や赤色のガラス製小玉など県内でも珍しいものがある点が注目されます。今後は旧石器時代の石器集中地点の調査を進めていきます。
 
舟形土製品が出土した第5号竪穴建物跡 古墳時代中期の舟形土製品
 
 

調査の状況

8月から調査が始まりました。現在は竪穴建物跡の調査を行っています。確認した竪穴建物跡はほとんどが古墳時代中期のもので,調査区の南側に点在しています。また,第1号竪穴建物跡からは形をよくとどめた土師器の高坏や,約1cmの小さな勾玉など,貴重な遺物も出土しました。
 
倒れた状態で出土した高坏 第1号竪穴建物跡で出土した勾玉
 
 

元中北東藤四郎遺跡(もとなかきたひがしとうしろういせき 08-205-381) [ご案内マップ]
18 860 800*21

所在地 茨城県つくば市上河原崎地内
立地 つくば市の南西部,谷田川右岸の標高20〜24mの台地上
調査原因 上河原崎・中西特定土地区画整理事業
委託者 茨城県土浦土木事務所つくば支所
調査期間 2019年度(予定)
調査面積 27,735㎡
種類 集落跡
主な時代 古墳時代
*主な時代をクリックすると年表が出ます。
 

 



もどる
上へ
2002 Ibaraki education foundation. All rights reserved.