www.ibaraki-maibun.org 発掘情報いばらき
発掘遺跡・整理遺跡
情報最前線
概要
発掘遺跡・整理遺跡
これまでの発掘・整理遺跡
小中学生のためのやさしい考古学講座
報告書のご案内
リンク集
HOME
E-mail

つくばみらい事務所 [ご案内マップ]

〒300-2300 茨城県つくばみらい市小張5179
18 561 241*65
「マップコード」および「MAPCODE」は(株)デンソーの登録商標です。
 

東耕地北遺跡(ひがしこうちきたいせき 08-483-026) [ご案内マップ]
18 560 296*43

所在地 茨城県つくばみらい市小張5199-2番地ほか
立地 つくばみらい市の中央部,西谷田川と中通川に挟まれた標高20mの台地上
調査原因 主要地方道野田牛久線バイパス事業
委託者 茨城県土浦土木事務所
調査期間 2018年4月1日〜9月30日
調査面積 5,100㎡
種類 集落跡
主な時代 縄文時代
主な遺構 竪穴建物跡, 土坑, 溝跡
主な遺物 縄文土器(深鉢・浅鉢),土製品(土器片円盤),石器・石製品(打製石斧・磨製石斧・石鏃・磨石・敲石・石皿・尖頭器)
*主な時代をクリックすると年表が出ます。


調査の状況

7月の調査では,縄文時代中期末葉(約4,000年前)の第24号竪穴建物跡からは,建物が使われなくなった後のくぼ地に捨てられた貝殻が出土しました。貝の種類はヤマトシジミが主体で,集落の周囲に川の水と海の水とが入り混じる汽水域があったことを示しています。また,直径2m,深さ1.5mの円筒状をした深い土坑の底からは,焼けた土や炭が出土しました。ほかにも,縄文時代後期初頭の称名寺式の縄文土器が完全な形のまま土坑に埋められた状態で出土し,当遺跡では,その時代まで人が活動していたことが分かってきました。
 
第24号竪穴建物跡の地点貝層 地点貝層の調査風景
深さ1.5mの円筒状土坑 完全な形で出土した縄文土器(称名寺式)
 
 

調査の状況

6月は,縄文時代の竪穴建物跡の調査を進めています。竪穴建物跡の炉は,床面を掘りくぼめて作られています。また,貯蔵穴と考えられる円筒形をした大型の土坑を数多く確認しています。これらの建物跡や貯蔵穴から出土している土器は,縄文時代中期末(加曽利E3〜4式期)の時期に限定されることから,集落が比較的短期間に形成されたことが分かってきました。
 
第5号竪穴建物跡の炉 円筒形の第65号土坑
 
 

調査の状況

東耕地北遺跡の発掘調査が始まりました。遺構確認作業を行ったところ,縄文時代中期(約5500〜4500年前)のムラの跡が見つかりました。たくさんの竪穴建物跡や土坑が調査区全体に広がっており,当時,煮炊きに使われた土器の破片や狩猟や,木工に使われた石器などが出土しています。また,第3号竪穴建物跡からは,土器埋設炉が見つかりました。炉体に使われた土器や周りの土は,火を受けて鮮やかな赤色に変色していました。
 
第3号竪穴建物跡の遺物出土状況 第3号竪穴建物跡の土器埋設炉
 
 

 
もどる
上へ
2002 Ibaraki education foundation. All rights reserved.