www.ibaraki-maibun.org 発掘情報いばらき
発掘遺跡・整理遺跡
情報最前線
概要
発掘遺跡・整理遺跡
これまでの発掘・整理遺跡
小中学生のためのやさしい考古学講座
報告書のご案内
リンク集
HOME
E-mail

坂東事務所 [ご案内マップ]

〒306-0607 茨城県坂東市弓田890
18 872 735*06
「マップコード」および「MAPCODE」は(株)デンソーの登録商標です。
 

長丁遺跡(ながちょういせき 08-218-062) [ご案内マップ]
18 872 307*32

所在地 茨城県坂東市弓田字長丁672番地ほか
立地 坂東市の中央部,江川左岸の標高12〜18mの微高地及び台地上
調査原因 主要地方道結城坂東線バイパス建設事業
委託者 茨城県境工事事務所
調査期間 2020年4月1日〜5月31日
調査面積 4,526㎡
種類 集落跡
主な時代 縄文時代,室町時代,江戸時代
主な遺構 竪穴建物跡,方形竪穴遺構,土坑,溝跡,炉穴,井戸跡
主な遺物 縄文土器(鉢・深鉢),土師質土器(小皿・内耳鍋),陶器(猪口・碗・擂鉢・小皿・皿・甕・香炉・蓋),磁器(碗・瓶),土製品(人形),石器(石鏃・打製石斧・磨製石斧・敲石・磨石・石皿・砥石・石臼),石製品(石剣・板碑・宝篋印塔),剥片,銭貨(熈寧元寳),鍛冶関連遺物(羽口・鉄滓)
*主な時代をクリックすると年表が出ます。


調査の状況(2020.4)

長丁遺跡の調査が始まりました。調査区南部で,室町時代から江戸時代にかけての遺構を多く確認しました。第2号井戸跡は漏斗状を呈し,径5mを超える大型のもので,天目茶碗や常滑甕,内耳鍋,宝篋印塔などの中世を代表する遺物のほか,鉄滓や羽口といった鍛冶関連遺物も出土しています。昨年度調査した談義所遺跡の北部で確認した中世の遺構や遺物と併せて,当遺跡の西部の字名「元屋敷」との関連が考えられます。
 
多くの遺物が出土した第2号井戸跡 上空から見た長丁遺跡南部


 
もどる
上へ
2002 Ibaraki education foundation. All rights reserved.