www.ibaraki-maibun.org 発掘情報いばらき
発掘遺跡・整理遺跡
情報最前線
概要
発掘遺跡・整理遺跡
これまでの発掘・整理遺跡
小中学生のためのやさしい考古学講座
報告書のご案内
リンク集
HOME
E-mail

小美玉西事務所 [ご案内マップ]

〒319-0126 茨城県小美玉市大谷529番地1
112 471 632*15
「マップコード」および「MAPCODE」は(株)デンソーの登録商標です。
 

船玉台遺跡(ふなたまだいいせき 08-304-075) [ご案内マップ]
112 470 593*15

所在地 茨城県小美玉市大谷字船玉台579番地3ほか
立地 小美玉市の北西部,園部川左岸の標高約26mの台地上
調査原因 石岡小美玉スマートICアクセス道路整備事業
委託者 茨城県水戸土木事務所
調査期間 2017年10月1日〜2018年3月31日
調査面積 5,354㎡
種類 集落跡
主な時代 縄文時代,古墳時代,室町時代
主な遺構 竪穴建物跡,土坑,陥し穴,溝跡,道路跡,地下式坑,柱穴列,ピット群
主な遺物 土師器(坏),土師質土器(内耳鍋・擂鉢・小皿),石器(砥石),銭貨
*主な時代をクリックすると年表が出ます。
 

調査の状況

現在調査区西側の調査を進めています。このエリアでは,2棟の古墳時代の竪穴建物跡を確認しました。どちらの竪穴建物跡も後世の耕作などにより上部が削平されていますが,第1号竪穴建物跡からは,古墳時代の土師器が出土したほか,床から炭化材や焼土が出土しました。このことから上屋などが焼失した建物跡と考えられます。また,深さが90cmほどある柱穴も4か所確認しました。
 
第1号竪穴建物跡から出土した土師器の坏 工夫した自作の道具を使っての柱穴の調査
 

調査の状況

重機による表土除去作業が終了し,遺構確認作業と遺構の掘り込みを始めました。当遺跡では,溝跡から主に中世の土師質土器が出土しています。当地域の歴史に新たな発見が加わることを期待しながら調査を進めていきます。
 
ジョレンを使った遺構確認作業 溝跡から出土した土師質土器(内耳鍋)など
 

 
もどる
上へ
2002 Ibaraki education foundation. All rights reserved.