www.ibaraki-maibun.org 発掘情報いばらき
報告書のご案内
情報最前線
概要
発掘遺跡・整理遺跡
情報収蔵室
小中学生のためのやさしい考古学講座
報告書のご案内
リンク集
HOME
E-mail

島名境松遺跡

 
書名ふりがな
しまなまえのひがしいせき しまなさかいまついせき やたべうるしいせき 
書名
島名前野東遺跡 島名境松遺跡 谷田部漆遺跡
副書名かな
しまな・ふくだつぼいったいがたとくていとちくかくせいりじぎょうちないまいぞうぶんかざいちょうさほうこくしょ
副書名
島名・福田坪一体型特定土地区画整理事業地内埋蔵文化財調査報告書
巻次
[
シリーズ名
茨城県教育財団文化財調査報告
シリーズ番号
第191集
編著者名
寺門千勝 田原康司 梅澤貴司
編集機関
財団法人茨城県教育財団
発行年月日
2002(平成14)年3月25日
郵便番号
310-0911
電話番号
029 -225 -6587
住所
茨城県水戸市見和1丁目356番地の2
遺跡番号
08220−391
遺跡名ふりがな しまなさかいまついせき
遺跡名
島名境松遺跡
所在地ふりがな
いばらきけんつくばしおおあざしまなあざさかいまつ3745ほか
遺跡所在地
茨城県つくば市大字島名字境松3745ほか
遺跡北緯度
36度02分54秒
東経度
140度03分37秒
遺跡標高
19〜22m
調査期間
20000901〜20010131
調査面積
9288u
調査原因
島名・福田坪一体型特定土地区画整理事業に伴う事前調査
種別
集落跡/ その他
遺構と遺物
旧石器/縄文/古墳/不明
旧石器 石器(ナイフ形石器・スクレイパー)
縄文 竪穴住居跡 32軒,炉跡 3基,土器焼成遺構 1基,土器埋設遺構1基,土坑 238基(大形 4基・円筒形 12基・フラスコ状 5基・その他 217基)/縄文土器(深鉢・鉢),土製品(抉状耳飾・土器円板・有孔円板),石器(石鏃・打製石斧・磨製石斧・石錘・磨石・凹石),石製品(石棒)
古墳 竪穴住居跡 7軒/土師器(坏・高坏・椀・鉢・壺・甕・甑),須恵器(高坏),土製品(球状土錘・紡錘車・支脚),石製品(紡錘車・双孔円板・臼玉)
不明 土坑 451基,不明遺構 4基
特記事項
縄文時代中期および古墳時代後期に集落跡が営まれた複合遺跡である。加曽利E式期の集落跡が主体であるが,阿玉台式期の住居跡も確認されている。さらに,加曽利E式期の廃絶住居を利用した縄文土器の焼成遺構も確認されている。
 
南側上空から見た当遺跡
第1号土器焼成遺構の完掘状況
 
 
もどる
上へ
©2005 Ibaraki education foundation. All rights reserved.