www.ibaraki-maibun.org 発掘情報いばらき
報告書のご案内
情報最前線
概要
発掘遺跡・整理遺跡
情報収蔵室
小中学生のためのやさしい考古学講座
報告書のご案内
リンク集
HOME
E-mail

羽黒遺跡

 
書名ふりがな
はぐろいせき
書名
羽黒遺跡
副書名かな
いっきゅうかせんめぬまがわかせんかいしゅうこうじじぎょうちないまいぞうぶんかざいちょうさほうこくしょ
副書名
一級河川女沼川河川改修工事事業地内埋蔵文化財調査報告書
巻次
1
シリーズ名
茨城県教育財団文化財調査報告
シリーズ番号
202
編著者名
駒澤悦郎
編集・発行機関
財団法人茨城県教育財団
郵便番号
310-0911
所在地
茨城県水戸市見和1丁目356番地の2
電話番号
029 -225 -6587
発行年月日
20030326
遺跡番号
08541-38
遺跡名かな
はぐろいせき
遺跡名
羽黒遺跡
遺跡所在地かな
いばらきけんさしまぐんそうわまちおおあざまえばやしあざどうば
遺跡所在地
茨城県猿島郡総和町大字前林字道場1392番地他
遺跡北緯度
36度08分36秒
遺跡東経度
139度44分33秒
遺跡標高
12〜14m
調査期間
20001101-20010228/20011001-20011228
調査面積
3908u
調査原因
一級河川女沼川河川改修工事事業に伴う事前調査
種別
包蔵地/集落跡
時代
旧石器/弥生/縄文/古墳/奈良・平安/中世以降
遺構と遺物
旧石器時代
/ 石器(細石刃核)
縄文時代
竪穴住居跡 2軒,炉穴 1基,土坑 2基,石器集中地点 1か所 / 縄文土器(深鉢),石器(尖頭器・掻器・削器・石鏃・石皿・磨石・石斧・剥片)
弥生時代
/ 弥生土器(壺・甕),土製品(紡錘車)
古墳時代
竪穴住居跡 22軒,掘立柱建物跡 2棟 / 土師器(壺・甕・台付甕・椀・高坏・器台・坩・甑),石製品(紡錘車・砥石),土製品(土錘・支脚),金属製品
奈良・平安時代
竪穴住居跡 25軒,掘立柱建物跡 10棟,井戸跡 1基,土坑 2基,方形周溝 1基,溝 1条 /土師器(坏・高台付・甕・甑),須恵器(坏・高台付坏・壺・甕・蓋・盤・高盤・甑・円面硯),石製品(砥石),金属製品(閂・ホ具・刀子・紡錘車)
中世以降
方形竪穴建物跡 1基,井戸跡 12基,土坑 175基,溝 14条 / 陶磁器(擂り鉢・甕・天目茶碗・緑釉皿・香炉・灯明皿・蓋・仏飯器),土製品(泥面子),石製品(板碑・砥石・石盤),土師質土器(鍋),木製品(木簡)
特記事項
旧石器時代から江戸時代にかけての複合遺跡である。特に,古墳時代(前期)と平安時代に大規模な集落が形成され,当地域における中心的な役割を担った集落であったと考えられる。
特筆されることは,中世以降の第1号方形竪穴建物跡から木簡が出土していることである。
 

羽黒遺跡 第1次調査区全景
羽黒遺跡 北西部遺構完掘状況
 
もどる
上へ
©2005 Ibaraki education foundation. All rights reserved.