www.ibaraki-maibun.org 発掘情報いばらき
報告書のご案内
情報最前線
概要
発掘遺跡・整理遺跡
情報収蔵室
小中学生のためのやさしい考古学講座
報告書のご案内
リンク集
HOME
E-mail

辰海道遺跡

 
書名ふりがな
たつかいどういせきいち
書名
辰海道遺跡1
副書名かな
きたかんとうじどうしゃどう(きょうわ〜ともべ)けんせつじぎょうちないまいぞうぶんかざいちょうさほうこくしょ
副書名
北関東自動車道(協和〜友部)建設事業地内埋蔵文化財調査報告書
巻次
1
シリーズ名
茨城県教育財団文化財調査報告
シリーズ番号
222
編著者名
仲村浩一郎/後藤一成/宮田和男/芳賀友博/鴨志田祐一
編集・発行機関
財団法人茨城県教育財団
郵便番号
310-0911
所在地
茨城県水戸市見和1丁目356番地2
電話番号
029 -225 -6587
発行年月日
20040326
遺跡番号
08324-082
遺跡名かな
たつかいどういせき
遺跡名
辰海道遺跡
遺跡所在地かな
いばらきけんにしいばらきぐんいわせまちおおあざおさかたあざきたたつかいどう
遺跡所在地
茨城県西茨城郡岩瀬町大字長方字北辰海道155番地ほか
遺跡北緯度
36度21分45秒
遺跡東経度
140度04分35秒
遺跡標高
42〜44m
調査期間
20010301-20020331
調査面積
19523.07u
調査原因
北関東自動車道(協和〜友部)建設事業に伴う事前調査
種別
集落跡/墓域/その他
時代
旧石器/縄文/弥生/古墳/奈良・平安/中・近世/時期不明
遺構と遺物
旧石器時代
/ 尖頭器,削器,掻器,剥片
縄文時代
/ 縄文土器片,石鏃
弥生時代
竪穴住居跡10軒 / 弥生土器片,土製品(紡錘車),石器・石製品(石鏃・磨石)
古墳時代
竪穴住居跡213軒,方形竪穴遺構6軒,掘立柱建物跡1棟,土坑33基,井戸跡13基,濠跡1条,溝跡2条,柵跡1列 / 土師器,須恵器,土製品(土錘・土玉・紡錘車),石器・石製品(紡錘車・勾玉・管玉・砥石・石製模造品),金属製品(鉄鏃・耳環)
奈良・平安時代
竪穴住居跡224軒,方形竪穴遺構6基,掘立柱建物跡25棟,土坑172基,井戸跡31基,溝跡7条,柵跡4列,ピット群13か所 / 土師器,須恵器,瓦,土製品(土錘・土玉・紡錘車・置竈・鞴羽口),石器・石製品(紡錘車・砥石),金属製品(刀子・鉄鏃・鉄鎌・金鉗・紡錘車・矩形金具),木製品

中・近世

方形竪穴遺構2軒,掘立柱建物跡2棟,地下式壙1基,墓壙50基,土坑75基,井戸跡4基,道路跡2条,溝跡7条,ピット群16か所 / 土師質土器(小皿・内耳鍋),陶器,磁器,古銭
時期不明
竪穴住居跡10軒,方形竪穴状遺構3軒,掘立柱建物跡1棟,土坑741基,井戸跡10基,道路跡2条,溝跡16条,ピット群3か所,柵跡5列,不明遺構5基 /
特記事項
弥生時代後期から平安時代にかけて,集落が継続的に営まれていた集落跡。
調査区域の中央部からは,古墳時代前期後半から後期初頭の張り出しを有する濠(堀)が,長さ南北70m以上,東西50m以上確認されている。濠の内側にも当時の竪穴住居跡が13軒確認され,当地方の豪族居館跡と思われる。奈良・平安時代の遺構数は全体の6割以上を占め,竪穴住居跡からは「西宅」や「新室」と墨書された土師器坏が出土しており,また,調査区域の南部では掘立柱建物跡群が確認されているなど,新治郡衙機能の一端を担う集落跡と考えられる。
 

辰海道遺跡1 遠景
辰海道遺跡1 第8・30号住居跡出土遺物
 
もどる
上へ
©2005 Ibaraki education foundation. All rights reserved.