www.ibaraki-maibun.org 発掘情報いばらき
報告書のご案内
情報最前線
概要
発掘遺跡・整理遺跡
情報収蔵室
小中学生のためのやさしい考古学講座
報告書のご案内
リンク集
HOME
E-mail

向原遺跡

 
書名ふりがな
むかいはらいせき  こぐみいせき  かみかがたじょうあと
書名
向原遺跡  小組遺跡  上加賀田城跡
副書名かな
きたかんとうじどうしゃどう(きょうわ〜ともべ)けんせつじぎょうちないまいぞうぶんかざいちょうさほうこくしょ
副書名
北関東自動車道(協和〜友部)建設事業地内埋蔵文化財調査報告書
巻次
16
シリーズ名
茨城県教育財団文化財調査報告
シリーズ番号
272
編著者名
石川義信/早川麗司
編集・発行機関
財団法人茨城県教育財団
郵便番号
310-0911
所在地
茨城県水戸市見和1丁目356番地の2
電話番号
029-225-6587
発行年月日
20070323
遺跡番号
8216-143
遺跡名かな
むかいはらいせき 
遺跡名
向原遺跡
遺跡所在地かな
いばらきけんかさましおおあざもとどあざむかいはら
遺跡所在地
茨城県笠間市大字本戸字向原4622番地の1ほか
遺跡北緯度
36度20分25秒
遺跡東経度
140度13分29秒
遺跡標高
88〜103m
調査期間
20020401-20020731,20041101-20050228,20050711-20050803
調査面積
12629u
調査原因
北関東自動車道(協和〜友部)建設事業に伴う事前調査
種別
包蔵地/狩猟場/集落跡/墓跡/その他
時代
縄文/平安/近世/不明
遺構と遺物
縄文時代 遺物包含層4か所,陥し穴31基,竪穴住居跡3軒,屋外炉跡2基/縄文土器,石器(石鏃・剥片)
平安時代 竪穴住居跡2軒/土師器,石器(砥石)
近世時代 墓坑5基/金属製品(煙管・古銭・釘)
不明 方形竪穴遺構1基,土坑71基,溝跡5条/縄文土器,石器(石鏃)
要約
向原遺跡は,縄文時代から近世まで断続的に営まれた複合遺跡である。縄文時代は,丘陵性台地の最頂部付近に短期的と見られる集落が形成され,緩やかに傾斜する台地上が狩猟場とされていたと考えられ,31基の陥し穴が確認されている。平安時代には小規模な集落が短期間営まれたと考えられる。近世には墓域が形成されている。
 
縄文時代前期前葉の竪穴住居跡
縄文時代早期後葉から前期前葉頃の陥し穴
 
もどる
上へ
©2005 Ibaraki education foundation. All rights reserved.