www.ibaraki-maibun.org 発掘情報いばらき
報告書のご案内
情報最前線
概要
発掘遺跡・整理遺跡
情報収蔵室
小中学生のためのやさしい考古学講座
報告書のご案内
リンク集
HOME
E-mail

古屋敷遺跡

 
書名ふりがな
にいやいせき かみおかかみ  ふるやしきいせき  かのうみなみまええいいせき 
書名
仁井谷遺跡  神岡上遺跡  古屋敷遺跡  叶南前A遺跡
副書名かな
いっぱんけんどうさとねかみおかかみせんどうろかいりょうじぎょうちないまいぞうぶんかざいちょうさほうこくしょ
副書名
一般県道里根神岡上線道路改良事業地内埋蔵文化財調査報告書
巻次
 
シリーズ名
茨城県教育財団文化財調査報告
シリーズ番号
275
編著者名
早川麗司/ 渡邉浩実
編集・発行機関
財団法人茨城県教育財団
郵便番号
310-0911
所在地
茨城県水戸市見和1丁目356番地の2
電話番号
029-225-6587
発行年月日
20070323
遺跡番号
8215-084
遺跡名かな
ふるやしきいせき
遺跡名
古屋敷遺跡
遺跡所在地かな
いばらきけんきたいばらきしせきなみまちかみおかかみ
遺跡所在地
茨城県北茨城市関南町神岡上3001番地
遺跡北緯度
36度49分50秒
遺跡東経度
140度45分49秒
遺跡標高
4.9〜5.8m
調査期間
20051101-20060331
調査面積
2018u
調査原因
一般県道里根神岡上線道路改良事業に伴う事前調査
種別
集落跡
時代
古墳/奈良/近世/不明
遺構と遺物
古墳時代 竪穴住居跡2軒/土師器,ミニチュア土器
奈良時代 竪穴住居跡2軒,掘立柱建物跡4棟,柵跡2条,土坑2基/土師器,須恵器,製塩土器,石器(敲石)鉄製品(刀子・釘)
近世時代 溝跡3条/陶器
不明 掘立柱建物跡1棟,溝跡2条,土坑27基,ピット17基,製地面1か所/弥生土器,土師器,須恵器,陶器,土製品(泥面子),石器(砥石),鉄製品(釘)
要約
神岡上遺跡群の中の4遺跡で,古墳時代後期に本格的に集落が形成され始め,律令期の開始とともに栄えた多珂郡新居郷に属する集落群である。仁井谷遺跡で確認された住居跡からは,東北地方南部の古墳時代後期の土器である栗囲式土器が出土している。また,古代  の須恵器は,県内の須恵器の他に,いわきの窯で製作された須恵器や在地で製作された可能性がある須恵器も出土している。
 
第4号住居跡遺物出土状況
第3号掘立柱建物跡完掘状況
 
もどる
上へ
©2005 Ibaraki education foundation. All rights reserved.