www.ibaraki-maibun.org 発掘情報いばらき
報告書のご案内
情報最前線
概要
発掘遺跡・整理遺跡
情報収蔵室
小中学生のためのやさしい考古学講座
報告書のご案内
リンク集
HOME
E-mail

児松遺跡

 
書名ふりがな
なかみねいせき  こまついせき
書名
中峰遺跡 児松遺跡
副書名かな
いっぱんこくどう468ごうしゅとけんちゅうおうれんらくじどうしゃどうしんせつこうじちないまいぞうぶんかざいちょうさほうこくしょ
副書名
一般国道468号首都圏中央連絡自動車道新設工事地内埋蔵文化財調査報告書
巻次
 
シリーズ名
茨城県教育財団文化財調査報告
シリーズ番号
第286集
著者名
本橋 弘巳
編集・発行機関
財団法人茨城県教育財団
郵便番号
310-0911
所在地
茨城県水戸市見和1丁目356番地の2
電話番号
029-225-6587
発行年月日
20080324
遺跡番号
08441-108
遺跡名かな
こまついせき
遺跡名
児松遺跡
遺跡所在地かな
いばらきけんいなしきしえどさきこう
遺跡所在地
茨城県稲敷市江戸崎甲3840番地の1
遺跡北緯度
35度56分45秒
遺跡東経度
140度18分54秒
遺跡標高
19〜20m
調査期間
20070101-20070331
調査面積
847u
調査原因
一般国道468号首都圏中央連絡自動車道(圏央道)新設(江戸崎IC〜千葉県境)事業に伴う事前調査
種別
集落跡/その他
時代
縄文/不明
遺構と遺物
縄文時代 竪穴住居跡1軒,陥し穴1基,土坑1基,遺物包含層1か所/縄文土器,土製品(土器片錘・土器片円盤),礫,石器(石鏃・尖頭器・細石刃)
不明 土坑6基
要約
児松遺跡は,縄文時代中期後葉の時期の竪穴住居跡が1軒検出されており,周辺を含め小集落が営まれていたと考えられる。
 
小松遺跡全景(南から)
第1号住居跡完掘状況
 
もどる
上へ
©2005 Ibaraki education foundation. All rights reserved.