www.ibaraki-maibun.org 発掘情報いばらき
報告書のご案内
情報最前線
概要
発掘遺跡・整理遺跡
情報収蔵室
小中学生のためのやさしい考古学講座
報告書のご案内
リンク集
HOME
E-mail

加倉井忠光館跡

 
書名ふりがな
かくらいただみつやかたあと
書名
加倉井忠光館跡
副書名かな
しゅようちほうどうみともてぎせんどうろかいりょうじぎょうちないまいぞうぶんかざいちょうさほうこくしょ
副書名
主要地方道水戸茂木線道路改良事業地内埋蔵文化財調査報告書
巻次
 
シリーズ名
茨城県教育財団文化財調査報告
シリーズ番号
第294集
著者名
井上琢哉
編集・発行機関
財団法人茨城県教育財団
郵便番号
310-0911
所在地
茨城県水戸市見和1丁目356番地の2
電話番号
029-225-6587
発行年月日
20080324
遺跡番号
08201-207
遺跡名かな
かくらいただみつやかたあと
遺跡名
加倉井忠光館跡
遺跡所在地かな
いばらきけんみとしなるさわまち
遺跡所在地
茨城県水戸市成沢町466-3番地ほか
遺跡北緯度
36度25分44秒
遺跡東経度
140度24分07秒
遺跡標高
39〜40m
調査期間
20060401-20060531
調査面積
1,957u
調査原因
主要地方道水戸茂木線道路改良事業に伴う事前調査
種別
館跡
時代
中世〜近世/近世/近世〜近代
遺構と遺物
中世〜近世 溝跡1条
近世 土塁1条,堀跡2条/縄文土器(深鉢),土師器(甕),土師質土器(焙烙),陶磁器(皿・椀・天目茶碗・鉢・甕・壺),瓦質土器(鉢)
近世〜近代 井戸跡1基/須恵器(甕),土師質土器(小皿・鉢・焼塩壺),陶磁器(皿・椀・鉢・擂鉢・甕・猪口・徳利),石器(砥石),鉄器(鎌ヵ),瓦(桟瓦ヵ)
要約
土塁は,ローム土と黒色土が互層に水平堆積していることから,人為的に盛土されたものであるが,つき固めた痕跡は、確認できなかった。土塁の裾部や下層からは18世紀の肥前系磁器等が確認され,18世紀代の構築と考えられる。しかし,堀跡や虎口が確認されたことから,遺構の一部は中世館跡の構築方法を継承している可能性が想定される。
 
土塁 遺物出土状況
加倉井忠光館跡出土 陶磁器
 
もどる
上へ
©2005 Ibaraki education foundation. All rights reserved.