www.ibaraki-maibun.org 発掘情報いばらき
報告書のご案内
情報最前線
概要
発掘遺跡・整理遺跡
情報収蔵室
小中学生のためのやさしい考古学講座
報告書のご案内
リンク集
HOME
E-mail

薬師入遺跡

 
書名ふりがな
やくしいりいせきに
書名
薬師入遺跡2
副書名かな
あみよしわらとちくかくせいりじぎょうちないまいぞうぶんかざいちょうさほうこくしょ
副書名
阿見吉原土地区画整理事業地内埋蔵文化財調査報告書
巻次
3
シリーズ名
茨城県教育財団文化財調査報告
シリーズ番号
第296集
著者名
綿引英樹/小林 悟
編集・発行機関
財団法人茨城県教育財団
郵便番号
310-0911
所在地
茨城県水戸市見和1丁目356番地の2
電話番号
029-225-6587
発行年月日
20080324
遺跡番号
08443-118
遺跡名かな
やくしいりいせき
遺跡名
薬師入遺跡
遺跡所在地かな
いばらきけんいなしきぐんあみまちおおあざよしはらあざしょうじょううち
遺跡所在地
茨城県稲敷郡阿見町大字吉原字正上内2719番地の2ほか
遺跡北緯度
35度58分06秒
遺跡東経度
140度14分18秒
遺跡標高
24〜25m
調査期間
20060401-20061231
調査面積
36,786u
調査原因
阿見吉原土地区画整理事業に伴う事前調査
種別
包蔵地/集落跡/墓域/生産跡
時代
旧石器/弥生/古墳/平安/中世/近世/不明
遺構と遺物
旧石器時代 石器集中地点 2か所/石器(楔形石器・石核・剥片)
弥生時代 竪穴住居跡 15軒,土坑 3基/弥生土器(高坏・広口壺)土製品(紡錘車)
古墳時代 竪穴住居跡56軒,掘立柱建物跡1棟,土坑2基/土師器(坏・椀・坩・器台・高坏・壺・甕・台付甕・甑),須恵器(把手付椀・甕),手捏土器,ミニチュア土器,土製品(土玉・小玉・紡錘車),石器・石製品(砥石・勾玉・臼玉・臼玉未製品・有孔円板・双孔円板・紡錘車・剣型・滑石原石・滑石剥片),鉄製品(手鎌・釘ヵ・不明鉄製品),粒状滓,ガラス製品(小玉)
平安時代 竪穴住居跡9軒,土坑2基/土師器(坏・高台付椀・小皿),鉄製品(釘・不明鉄製品)
中世 掘立柱建物跡3棟,地下式坑10基,溝4条,道路跡3条,土坑5基,火葬土坑2基,墓坑1基/土師質土器(小皿・擂鉢・内耳鍋),石器(砥石・茶臼),自然遺物(マツカサガイ・ヤマトシジミ),金属製品(古銭)
近世 塚3基,溝跡1条,墓坑1基/石製品(庚申塔),金属製品(古銭・煙管)
不明 炭焼遺構13基,溝跡28条,道路跡5条,土坑224基,ピット84基,不明遺構1基/縄文土器,弥生土器,土師器,陶器,土製品(土玉・泥面子),石器・石製品(石鏃・打製石斧・磨製石斧・石錘・敲石・砥石・有孔円板・剣型・剥片)
要約
旧石器時代から近世にかけて断続的に土地利用された複合遺跡である。旧石器時代では,平成14・15年度調査で確認された2か所の石器集中地点がさらに南側や西側に広がることが確認された。弥生時代の住居跡は,浅い谷を挟んだ南北に15軒確認され,南北での若干の時期差が想定される。古墳時代では,前期から中期の住居跡が多く確認されている。中世・近世の遺構では,大型の地下式坑や「青面金剛」と刻まれた庚申塔が建てられていた塚が3基確認されている。
 
薬師入遺跡 全景
薬師入遺跡 出土土師器
 
もどる
上へ
©2005 Ibaraki education foundation. All rights reserved.