www.ibaraki-maibun.org 発掘情報いばらき
報告書のご案内
情報最前線
概要
発掘遺跡・整理遺跡
情報収蔵室
小中学生のためのやさしい考古学講座
報告書のご案内
リンク集
HOME
E-mail

堂ノ上遺跡

 
書名ふりがな
どうのうえいせき
書名
堂ノ上遺跡
副書名かな
いっぱんこくどう468ごうしゅとけんちゅうおうれんらくじどうしゃどうしんせつじぎょうちないまいぞうぶんかざいちょうさほうこくしょ
副書名
一般国道468号首都圏中央連絡自動車道新設事業地内埋蔵文化財調査報告書
巻次
シリーズ名
茨城県教育財団文化財調査報告
シリーズ番号
第309集
著者名
前島直人/作山智彦/早川麗司
編集・発行機関
財団法人茨城県教育財団
郵便番号
310-0911
所在地
茨城県水戸市見和1丁目356番地の2
電話番号
029 -225-6587
発行年月日
20090323
遺跡番号
08229-441109
遺跡名かな
どうのうえいせき
遺跡名
堂ノ上遺跡
遺跡所在地かな
いばらきけんいなしきしえどさきおつあざどうのうえ
遺跡所在地
茨城県稲敷市江戸崎乙字堂ノ上881番地ほか
遺跡北緯度
35度56分36秒
遺跡東経度
140度19分04秒
遺跡標高
17〜19m
調査期間
20070101-20070331,20070402-20080331
調査面積
12320u
調査原因
一般国道468号首都圏中央連絡自動車道新設事業に伴う事前調査
種別
集落跡
時代
弥生/古墳/平安/中世
遺構と遺物
弥生時代 竪穴住居跡3軒,土坑1基/弥生土器,土製品(紡錘車)
古墳 竪穴住居跡146軒,竪穴建物跡6棟,土坑8基/土師器(坏・椀・坩・器台・高坏・鉢・甕・甑・ミニチュア),須恵器(坏・蓋・高坏・ハソウ・甕),土製品(勾玉・小玉・土玉・管状土錘・支脚),石器(敲石・砥石),石製品(子持勾玉・勾玉・管玉・棗玉・臼玉・紡錘車・単孔円板・双孔円板・剣形模造品),鉄滓,ガラス製品(勾玉・小玉),馬骨
平安 竪穴住居跡2軒,土坑1基/土師器(坏・高台付坏)
中世 掘立柱建物跡1棟
不明 溝跡19条,土坑90基/縄文土器,弥生土器,土師器,須恵器,土師質土器,陶器,磁器,土製品(土玉)
要約
当遺跡は,5世紀後葉から6世紀前葉にかけての集落跡が中心で,弥生時代から中・近世にかけての複合遺跡である。5世紀後葉は,県内に竈が導入されはじめた時期で,出入り口と貯蔵穴の位置が南に統一されており,竈導入時の住居内構造を知る上で貴重な資料となる。また,石製品製作に伴う工房跡と考えられる竪穴建物跡が確認されている。
 
土器片が多量に出土した古墳時代の住居跡
 古墳時代のカマド
 
もどる
上へ
©2005 Ibaraki education foundation. All rights reserved.