www.ibaraki-maibun.org 発掘情報いばらき
報告書のご案内
情報最前線
概要
発掘遺跡・整理遺跡
情報収蔵室
小中学生のためのやさしい考古学講座
報告書のご案内
リンク集
HOME
E-mail

小幡城跡 前新堀遺跡 前新堀B遺跡 諏訪山塚群 藤山塚 

 
書名ふりがな
おばたじょうあと まえしんぼりいせき まえしんぼりびーいせき すわやまつかぐん ふじやまつか
書名
小幡城跡 前新堀遺跡 前新堀B遺跡 諏訪山塚群 藤山塚 
副書名かな
ひがしかんとうじどうしゃどうみとせん(いばらきみなみIC〜いばらきJCT)けんせつじぎょうちないまいぞうぶんかざいちょうさほうこくしょ
副書名
東関東自動車道水戸線(茨城南IC〜茨城JCT)建設事業地内埋蔵文化財調査報告書
巻次
V
シリーズ名
茨城県教育財団文化財調査報告
シリーズ番号
第314集
著者名
芳賀友博/須賀川正一/杉澤季展
編集・発行機関
財団法人茨城県教育財団
郵便番号
310-0911
所在地
茨城県水戸市見和1丁目356番地の2
電話番号
029-225-6587
発行年月日
20090323
遺跡番号
08302-083
遺跡名かな
おばたじょうあと
遺跡名
小幡城跡
遺跡所在地かな
いばらきけんひがしいばらきぐんいばらきまちおおあざおばたあざなかおれ
遺跡所在地
茨城県東茨城郡茨城町大字小幡字中折1758番地ほか
遺跡北緯度
36度15分59秒
遺跡東経度
140度23分31秒
遺跡標高
14〜27m
調査期間
20051101-20060331,20060801-20070131,20070801-20071231
調査面積
29207u
調査原因
東関東自動車道水戸線(茨城南IC〜茨城JCT)建設事業に伴う事前調査
種別
集落跡/城跡/その他
時代
縄文/奈良・平安/中世・近世
遺構と遺物
縄文



竪穴住居跡2軒,陥し穴2基/縄文土器
奈良・平安 竪穴住居跡2軒/土師器,須恵器
中世・近世 堀跡4条,土塁2条,土橋跡1条,掘立柱建物跡7棟,方形竪穴遺構16基,地下式坑6基,溝跡22条,井戸跡19基,道路跡2条,墓坑38基,墓坑の可能性がある土坑9基,火葬土坑3基,土坑38基,柵跡7列,整地面1か所,ピット群7か所,不明遺構5基/土師質土器(小皿・内耳鍋),陶磁器(丸碗・天目茶碗・皿・甕・擂鉢・瓶子・水滴・香炉),漆器(椀),土製品(人形ヵ・土玉),木製品(蓋),金属製品(鎌・短刀・釘),石器(磨製石斧・石鏃・砥石),石製品(五輪塔・宝篋印塔・茶臼・石臼),古銭(北宋銭・明銭)
不明 竪穴住居跡1軒,溝跡6条,土坑327基,ピット群8か所,不明遺構1基
要約
小幡城跡は,谷津の入り組んだ地形を利用して築城された平山城である。調査は,小幡城跡のZ郭を中心に行われ,堀・土塁に囲まれた広大な平場であることが明らかになった。この平場は有事の駐屯地,非常時の領民の避難場等に利用していたと考えられる。また,調査区南部からは土塁の基底部や堀の改修が確認され,縄張り図の空白部分や築城の変容を知る重要な手がかりとなる。北方に位置する前新堀遺跡・前新堀B遺跡の堀・土塁を含めると小幡城の縄張りは広大であったことが想定され,城としての規模も県内屈指の中世城郭と考えられる。
 
 小幡城跡全景
第4号堀跡・第2号土塁完掘
 
もどる
上へ
©2005 Ibaraki education foundation. All rights reserved.