www.ibaraki-maibun.org 発掘情報いばらき
報告書のご案内
情報最前線
概要
発掘遺跡・整理遺跡
情報収蔵室
小中学生のためのやさしい考古学講座
報告書のご案内
リンク集
HOME
E-mail

姥久保遺跡

 
書名ふりがな
うばくぼいせき
書名
姥久保遺跡
副書名かな
いっぱんこくどう6ごうちよだいしおかばいぱす(かすみがうらしいちかわ〜いしおかしひがしおおはし)じぎょうちないまいぞうぶんかざいちょうさほうこくしょ
副書名
一般国道6号千代田石岡バイパス(かすみがうら市市川〜石岡市東大橋)事業地内埋蔵文化財調査報告書
巻次
6
シリーズ名
茨城県教育財団文化財調査報告
シリーズ番号
第339集
著者名
本橋弘巳 櫻井完介 舟橋理 佐々木愛理
編集・発行機関
財団法人茨城県教育財団
郵便番号
310-0911
所在地
茨城県水戸市見和1丁目356番地の2
電話番号
029 -225-6587
発行年月日
2011(平成23)年3月23日
遺跡番号
08230−464152
遺跡名かな
うばくぼいせき
遺跡名
姥久保遺跡
遺跡所在地かな
いばらきけんかすみがうらしおおあざいちかわあざおおつか51ばんちの1ほか
遺跡所在地
茨城県かすみがうら市大字市川字大塚51番地の1ほか
遺跡北緯度
36度10分32秒
遺跡東経度
140度15分47秒
遺跡標高
7〜24m
調査期間
20071001〜20080131/20080601〜20080831
調査面積
2,683 u/1,444 u
調査原因
一般国道6号千代田石岡BP(かすみがうら市市川〜石岡市東大橋)建設工事に伴う事前調査
種別
集落跡/墓域/その他
時代
古墳/奈良/平安/中世/不明
遺構と遺物
古墳 竪穴住居跡17軒/土師器(坏・椀・蓋・坩・器台・高坏・鉢・壺・甕・甑・ミニチュア),土製品(球状土錘・管状土錘),石器(砥石),石製品(双孔円板)
奈良 竪穴住居跡13軒,掘立柱建物跡6棟,土坑5基,溝跡1条/土師器(坏・甕),須恵器(坏・高台付坏・盤・蓋・高盤・壺・鉢・甕・甑・短頸壺・コップ形土器)
平安 竪穴住居跡42軒,掘立柱建物跡8棟,柱列跡2列,粘土採掘坑1基,土坑8基,溝跡1条,遺物包含層1か所/土師器(坏・高台付椀・高台付皿・高盤・甕・耳皿),須恵器(坏・高台付坏・盤・高盤・鉢・甕・甑・円面硯),土師質土器(羽釜・置き竈),灰釉陶器(椀・長頸瓶),緑釉陶器(椀・皿),土製品(紡錘車),石器・石製品(砥石・紡錘車),鉄製品(刀子・鎌・紡錘車),瓦(丸瓦・平瓦)
中世 火葬土坑1基,墓坑1基/銭貨(永楽通寳)
不明 柱穴の可能性がある土坑7基,土坑76基,溝跡8条,ピット群4か所/土師器,須恵器,土師質土器(小皿),陶器(壺・甕),磁器(碗・皿) 
要約
当遺跡は河岸段丘下位と上位にかけて位置している。河岸段丘下位の2 区では, 黒色土や粘土,ローム土などを薄く積み重ねた奈良・平安時代に比定できる住居の貼床を確認した。河岸段丘上位の3 区では, 平安時代の住居跡から記号とみられる墨書土器や漆が内面に付着した須恵器坏が出土している。下位・上位ともに古墳時代前期から平安時代にかけて集落が営まれた遺跡である。特に奈良・平安時代では遺構の確認数が増加しており,部分的な調査ではあるが集落の拡大期を迎えていることが判明した。
 
国道6号と姥久保遺跡
文字の書かれた土器
もどる
上へ
©2005 Ibaraki education foundation. All rights reserved.