www.ibaraki-maibun.org 発掘情報いばらき
報告書のご案内
情報最前線
概要
発掘遺跡・整理遺跡
情報収蔵室
小中学生のためのやさしい考古学講座
報告書のご案内
リンク集
HOME
E-mail

小幡城跡2

 
書名ふりがな
おばたじょうあと2
書名
小幡城跡2
副書名かな
ひがしかんとうじどうしゃどうみとせん(いばらきみなみいんたーちぇんじ〜いばらきじゃんくしょん)けんせつじぎょうちないまいぞうぶんかざいちょうさほうこくしょ
副書名
東関東自動車道水戸線(茨城南IC〜茨城JCT)建設事業地内埋蔵文化財調査報告書
巻次
X
シリーズ名
茨城県教育財団文化財調査報告
シリーズ番号
第340集
著者名
寺内久永
編集・発行機関
財団法人茨城県教育財団
郵便番号
310-0911
所在地
茨城県水戸市見和1丁目356番地の2
電話番号
029 -225-6587
発行年月日
2011(平成23)年3月23日
遺跡番号
08302-083
遺跡名かな
おばたじょうあと
遺跡名
小幡城跡
遺跡所在地かな
いばらきけんひがしいばらきぐんいばらきまちおおあざおばたあざじょうのうち1,920ばんちほか
遺跡所在地
茨城県東茨城郡茨城町大字小幡字城ノ内1,920番地ほか
遺跡北緯度
36度15分52秒
遺跡東経度
140度24分11秒
遺跡標高
14〜27m
調査期間
20090401/20090430
調査面積
160u
調査原因
東関東自動車道水戸線(茨城南IC?茨城JCT)建設事業に伴う事前調査
種別
城跡/その他
時代
中世・近世/不明
遺構と遺物
中世・近世 堀跡1条,段切状遺構1基/土師質土器(皿・内耳鍋・擂鉢), 陶磁器(碗・皿),石器(砥石)
不明 土坑8基,ピット群1か所
要約
小幡城跡は,台地先端部を利用して造られた城で,現在でも郭や堀,土塁が良好に残っている。調査は,Z郭の南端の堀と段切状遺構を中心に行い,Z郭を囲む防御施設の一部であることが分かった。堀と段切状遺構は,16世紀代に改変が行われており,戦国時代の終わりとともに廃絶されている。
 
上空から見た小幡城
南西部の防御施設(段切状遺構)
もどる
上へ
©2005 Ibaraki education foundation. All rights reserved.