www.ibaraki-maibun.org 発掘情報いばらき
報告書のご案内
情報最前線
概要
発掘遺跡・整理遺跡
情報収蔵室
小中学生のためのやさしい考古学講座
報告書のご案内
リンク集
HOME
E-mail

釈迦新田遺跡

 
書名ふりがな
しゃかしんでんいせき
書名
釈迦新田遺跡
副書名かな
しゅとけんはんらんくいきていぼうきょうかたいさくじぎょうちないまいぞうぶんかざいちょうさほうこくしょ1
副書名
首都圏氾濫区域堤防強化対策事業地内埋蔵文化財調査報告書1
巻次
 
シリーズ名
茨城県教育財団文化財調査報告第352集
シリーズ番号
 
著者名
坂本勝彦
編集・発行機関
財団法人茨城県教育財団
郵便番号
310-0911
所在地
茨城県水戸市見和1丁目356番地の2
電話番号
029 -225-6587
発行年月日
2012(平成24)年3月16日
遺跡番号
08542-028
遺跡名かな
しゃかしんでんいせき
遺跡名
釈迦新田遺跡
遺跡所在地かな
いばらきけんさしまぐんごかまちおおあざしゃかあざじぞうまえ2421の3ばんちほか
遺跡所在地
茨城県猿島郡五霞町大字釈迦字地蔵前2421の3番地ほか
遺跡北緯度
36度7分37秒
遺跡東経度
139度44分36秒
遺跡標高
10〜11m
調査期間
平成22年1月4日〜3月31日 平成23年1月1日〜3月31日
調査面積
4,397u
調査原因
首都圏氾濫区域堤防強化対策事業に伴う事前調査
種別
集落跡 荼毘所 その他
時代
縄文 中世 近世 時期不明
遺構と遺物
縄文 竪穴住居跡2軒 土坑2基 / 縄文土器(深鉢)
中世
井戸跡12基 火葬土坑4基 方形竪穴遺構8基 土坑47基 / 土師質土器(小皿) 陶器(鉢・擂鉢・片口鉢・甕) 石器(磨石・砥石) 銅製品(銭貨)
近世
土坑55基 / 堀跡1条 陶器(皿) 鉄製品(鎹) 銅製品(笄)
不明 
井戸跡9基 溝跡20条 土坑120基 ピット群5か所 /  縄文土器(深鉢・浅鉢) 瓦質土器(焙烙・火鉢) 陶器(丸皿・徳利・水滴) 磁器(碗・皿) 石器(石錐・石鏃・打製石斧・磨製石斧・石皿・砥石) 銅製品(煙管)
要約
縄文時代は,調査区の周囲に集落が存在していたと推測できる。中世は,火葬土坑が検出されたことから,荼毘所または墓域として利用されていたと考えられる。また,堀の覆土中からは近世の陶磁器が出土し,近世の人々の生業や水運に関する手がかりを得ることができた。
 
東側上空から見た平成22年度調査区
三重に縄文土器が埋設されていた炉跡
もどる
上へ
©2005 Ibaraki education foundation. All rights reserved.