www.ibaraki-maibun.org 発掘情報いばらき
報告書のご案内
情報最前線
概要
発掘遺跡・整理遺跡
情報収蔵室
小中学生のためのやさしい考古学講座
報告書のご案内
リンク集
HOME
E-mail

埃倉遺跡

 
書名ふりがな
ごみくらいせき かねうちひがしいせき ごみくらにしいせき
書名
埃倉遺跡 鐘打東遺跡 埃倉西遺跡
副書名かな
いっぱんこくどう468ごうしゅとけんちゅうおうれんらくじどうしゃどうけんせつじぎょうちないまいぞうぶんかざいちょうさほうこくしょ
副書名
一般国道468号首都圏中央連絡自動車道建設事業地内埋蔵文化財調査報告書
巻次
 
シリーズ名
茨城県教育財団文化財調査報告
シリーズ番号
第416集
著者名
天野早苗
編集・発行機関
公益財団法人茨城県教育財団
郵便番号
310-0911
所在地
茨城県水戸市見和1丁目356番地の2
電話番号
029-225-6587
発行年月日
2017(平成29)年3月17日
遺跡番号
08218-227
遺跡名かな
ごみくらいせき
遺跡名
埃倉遺跡
遺跡所在地かな
いばらきけんばんどうしゆだあざごみくら3479-2ばんちほか
遺跡所在地
茨城県坂東市弓田字埃倉3479-2番地ほか
遺跡北緯度
36度4分53秒
遺跡東経度
139度54分47秒
遺跡標高
13〜17m
調査期間
20120601〜20120630
調査面積
643㎡
調査原因
一般国道468号首都圏中央連絡自動車道建設事業に伴う事前調査
種別
狩猟場/集落跡/その他
時代
縄文/奈良/不明
遺構と遺物
縄文 陥し穴1基,土坑5基/縄文土器(深鉢),石器(鏃)
奈良 竪穴建物跡1棟/土師器(坏・甕),須恵器(小型短頸壺・蓋・甕),土製品(支脚)
不明 土坑43基,溝1条/縄文土器(深鉢),土師器(坏・甕)
要約
縄文時代には狩猟場として利用され,奈良時代になると周辺を含め集落が形成されていたと考えられる。
 
調査区全景(西から)
第1号竪穴建物跡の出土遺物
もどる
上へ
©2005 Ibaraki education foundation. All rights reserved.