www.ibaraki-maibun.org 発掘情報いばらき
報告書のご案内
情報最前線
概要
発掘遺跡・整理遺跡
情報収蔵室
小中学生のためのやさしい考古学講座
報告書のご案内
リンク集
HOME
E-mail

勘十郎堀跡

 
書名ふりがな
よしじゅうきたいせき かんじゅうろうぼりあと
書名
吉十北遺跡 勘十郎堀跡
副書名かな
ひがしかんとうじどうしゃどうみとせん(ほこた〜いばらきくうこうきたかん)けんせつじぎょうちないまいぞうぶんかざいちょうさほうこくしょ
副書名
東関東自動車道水戸線(鉾田〜茨城空港北間)建設事業地内埋蔵文化財調査報告書
巻次
 
シリーズ名
茨城県教育財団文化財調査報告
シリーズ番号
第419集
著者名
清水哲 内田勇樹 海老澤稔 仙波亨
編集・発行機関
公益財団法人茨城県教育財団
郵便番号
310-0911
所在地
茨城県水戸市見和1丁目356番地の2
電話番号
029-225-6587
発行年月日
2017(平成29)年3月17日
遺跡番号
08402-048
遺跡名かな
かんじゅうろうほりあと
遺跡名
勘十郎堀跡
遺跡所在地かな
いばらきけんほこたしもみじあざしんかわぞえ924ばん4ほか
遺跡所在地
茨城県鉾田市紅葉字新川添924番4ほか
遺跡北緯度
36度13分30秒
遺跡東経度
140度25分46秒
遺跡標高
18〜25m
調査期間
20140801〜20141031
調査面積
5,770㎡
調査原因
東関東自動車道水戸線(鉾田〜茨城空港北間)建設事業に伴う事前調査
種別
交通
時代
江戸
遺構と遺物
江戸 運河跡1条
要約
トレンチ調査により断面形状と堆積状況を確認した。18世紀初頭の掘削当初は水が流れていたが,120〜130年後には湿地・沼地化していたことが判明した。
 
遺跡遠景(南から)
運河跡堆積状況
もどる
上へ
©2005 Ibaraki education foundation. All rights reserved.