www.ibaraki-maibun.org 発掘情報いばらき
報告書のご案内
情報最前線
概要
発掘遺跡・整理遺跡
情報収蔵室
小中学生のためのやさしい考古学講座
報告書のご案内
リンク集
HOME
E-mail

宮中野古墳群

 
書名ふりがな
きゅうちゅうのこふんぐん
書名
宮中野古墳群
副書名かな
ろっこうこういきすいどうようすいきょうきゅうじぎょうおよびかしまこうぎょうようすいどうじぎょうのうちてんぷかんそうゆかちくぞうこうじじぎょうちないまいぞうぶんかざいちょうさほうこくしょ
副書名
鹿行広域水道用水供給事業及び鹿島工業用水道事業のうち天日乾燥床築造工事事業地内埋蔵文化財調査報告書
巻次
 
シリーズ名
茨城県教育財団文化財調査報告
シリーズ番号
第424集
著者名
小松﨑百恵
編集・発行機関
公益財団法人茨城県教育財団
郵便番号
310-0911
所在地
茨城県水戸市見和1丁目356番地の2
電話番号
029-225-6587
発行年月日
2017(平成29)年3月17日
遺跡番号
08222-086
遺跡名かな
きゅうちゅうのこふんぐん
遺跡名
宮中野古墳群
遺跡所在地かな
いばらきけんかしましおおあざきゅうちゅうあざきゅうちゅうの3702-3ばんちほか
遺跡所在地
茨城県鹿嶋市大字宮中字宮中野3702-3番地ほか
遺跡北緯度
35度58分39秒
遺跡東経度
140度36分29秒
遺跡標高
34〜36m
調査期間
20141201〜20150331/20150401〜20150831
調査面積
6,794㎡/12,148㎡
調査原因
鹿行広域水道用水供給事業及び鹿島工業用水道事業のうち天日乾燥床築造工事事業に伴う事前調査
種別
集落跡/墓域/その他
時代
古墳/平安/不明
遺構と遺物
古墳 竪穴建物跡55棟/土師器(坏・椀・高坏・壺・鉢・甕・甑・手捏土器・炉器台),須恵器(坏身・坏蓋・高坏・無蓋高坏・ハソウ・甕),土製品(土玉・管状土錘),石器(砥石・紡錘車),石製品(勾玉・子持勾玉・臼玉・有孔円板),鉄製品(鎌・釘・小札カ)
平安 火葬墓3基/土師器(甕),人骨
不明 土師器,須恵器,土師質土器,陶磁器,瓦,土製品,石器,石製品,鉄製品
要約
古墳時代から平安時代にかけての複合遺跡である。古墳時代には大規模な集落が短期的に営まれた。検出した竪穴建物跡の約半数が焼失建物であった。初期須恵器や石製模造品なども確認され,古墳時代中期集落の典型的な様相を示している。平安時代の火葬墓も確認でき,古墳時代に続き墓域として利用された。
 
調査区全景
石製模造品と子持勾玉
もどる
上へ
©2005 Ibaraki education foundation. All rights reserved.