www.ibaraki-maibun.org 発掘情報いばらき
発掘遺跡・整理遺跡
情報最前線
概要
発掘遺跡・整理遺跡
これまでの発掘・整理遺跡
小中学生のためのやさしい考古学講座
報告書のご案内
リンク集
HOME
E-mail

中津川遺跡(なかつがわいせき 08-205-151) [ご案内マップ]
112 320 157*56
「マップコード」および「MAPCODE」は(株)デンソーの登録商標です。

所在地 茨城県石岡市中津川平足塚232番地ほか
立地 石岡市の南東部、恋瀬川左岸の標高約22m〜24mの台地上
調査原因 国道6号千代田石岡バイパス建設事業
委託者 国土交通省関東地方整備局常陸河川国道事務所
調査期間 2021年7月1日〜9月30日
調査面積 2,668㎡
種類 集落跡
主な時代 縄文時代、弥生時代、平安時代
主な遺構 竪穴建物跡10棟(縄文時代6・弥生時代4)、溝跡5条(平安時代3・江戸時代2)、集石遺構3か所(縄文時代)、土坑239基(縄文時代221・平安時代1・時期不明17)、火葬墓1基(平安時代)
主な遺物 縄文土器(深鉢・器台形土器)、弥生土器(壺)、土師器(盤・甕)、須恵器(坏・甕)、陶器・磁器(甕・碗)、土製品(土器片錘・土玉)、石器(剥片・石鏃・磨製石斧・磨石・敲石)
*主な時代をクリックすると年表が出ます。


調査の成果(2021.9)

縄文時代中期・弥生時代後期の集落跡と平安時代の墓域を確認しました。出土した弥生土器片は、東北地方南部の影響を受けていると考えられ、弥生時代後期における東北地方と当地域との交流を示す貴重な資料です。また、西側に伸びる谷津の先端部では、平安時代の土師器の甕を転用した蔵骨器が出土しました。
 
西方向に伸びる谷津 (★は蔵骨器出土位置) 土師器の甕を転用した蔵骨器


調査の状況(2021.8)

7月に調査を開始し、縄文時代中期と弥生時代後期の竪穴建物跡や、平安時代の溝跡などを確認しました。縄文時代中期の遺構は、これまで調査を行った北側のエリアに比べて確認数が少ないことから、今回の調査エリアは、集落の端に近い位置であると推定されます。また、漁で使用する網の錘と考えられる土器片錘が多く出土しており、当時内海であった霞ヶ浦で使用されていた可能性があります。
 
縄文時代中期の竪穴住居跡 竪穴建物跡から遺物が出土


石岡事務所[ご案内マップ]
〒315-0043 茨城県石岡市中津川123-1
112 320 158*76
「マップコード」および「MAPCODE」は(株)デンソーの登録商標です。

 
もどる
上へ
2002 Ibaraki education foundation. All rights reserved.