www.ibaraki-maibun.org 発掘情報いばらき
情報最前線
情報最前線
概要
発掘遺跡・整理遺跡
情報収蔵室
小中学生のためのやさしい考古学講座
報告書のご案内
リンク集
HOME
E-mail

大高台遺跡(高萩市)で現地説明会を行いました。 2019.9


8月25日(日),現地説明会を開催しました。地域の方々を中心に,79名のご参加をいただきました。弥生時代から奈良・平安時代までの竪穴住居跡や中世の掘立柱建物跡を見学したり,出土した遺物の解説を熱心に聞いたり,考古学の面白さを味わっていました。
 
竪穴住居跡を見学する参加者 出土した遺物に注目する参加者
 
 
 説明会資料(PDF)
 


江戸川学園取手中学校2年生が発掘体験に訪れました。 2019.9


9月6日(金),江戸川学園取手中学校の2年生11名がつくば市の島名本田遺跡において,「発掘体験」を行いました。蒸し暑い中での体験になりましたが,全員が服を汚しながら汗だくになって,一生懸命頑張っていました。住居跡の発掘でしたが,2名の生徒さんが土器を発見できなかったのが,担当としては心残りでした。しかし,全員が楽しかったという言葉を聞いて,ほっとしました。
 
発掘についての説明を聴いています 暑くても頑張っています
   
「これは土器ですか?」「そうだね!」 出土した土器を間近で見られました
 


国土交通省主催の発掘体験が行われました。 2019.8


8月23日(水),国土交通省主催の「道路工事現場こども見学会」の一環として,小学生以下のお子さん10名と保護者の方々5名の計15名の皆さんが,中津川遺跡(石岡市)を訪れました。当日はあいにくの天気だったので,体験内容を土器洗いと遺物の見学に変更して行いました。土器洗いでは,土器の文様や特徴ををよく観察しながら洗い,出土した遺物の見学では,土器や石器などを実際に手で触れることができ,お子さんも保護者の方も目を輝かせていました。夏休みの思い出の1ページになったことと思います。
 
調査員の説明を熱心に聴いています 出土した土器を丁寧に洗っています
   
保護者の方も一緒にチャレンジ! 初めて見る石器に興味津々です
 


「中央青年の家」主催の発掘体験が行われました。 2019.8


8月21日(水),「どきどき体験」は,午前の部に小学校5・6年生を中心に20名,午後の部も20名,引率職員は午前・午後合わせて8名の皆さんが参加し,中津川遺跡(石岡市)で行われました。曇天でしたが湿気があり,蒸し暑い中での体験となりました。しかし,全員が暑さに負けず泥だらけになりながら意欲的に活動していました。その結果,土器はもちろんのこと,石鏃や叩き石などの石器も掘り上げ,歓声が上がりました。今回の発掘体験について,全員が楽しかったと言ってくれました。
 
遺跡の説明を聴いています 夢中になって発掘しています
   
「土器が出てきた!」 土器の説明を熱心に聴いています
 


発掘調査遺跡(大高台遺跡)現地説明会のお知らせ 2019.7


公益財団法人茨城県教育財団は,国や県などの公共事業に伴う遺跡の発掘調査を行っています。
現地説明会は,遺跡の調査成果を一般の方々に公開するもので遺構の説明や出土品について担当者が分かりやすく解説します。ぜひ,お越しいただき,ご覧ください。
詳しくは,下記のチラシPDFをご参照ください。
 
 
 案内チラシ(PDF)
 


「関東考古学フェア 2019」遺跡発表会のお知らせ 2019.5


関東考古学フェアの一環として、遺跡発表会「発掘された関東の遺跡2019」が下記のとおり開催されます。
詳しくは,下記のチラシPDFをご参照ください。
 
 
 案内チラシ(PDF)
 


大高台遺跡で遺跡見学を行いました。


4月19日に高萩市立松岡小学校の6年生55名が遺跡見学に訪れました。調査中の竪穴住居跡を見学し,竈や柱穴などの説明を熱心に聴いていました。また,土器の説明を聞きながら本物に触れ,喜びの声を上げていました。今回の体験を高萩市の歴史や文化財に興味をもつきっかけにしてほしいと思います。
 
熱心に説明を聞いてくれました 土器に触れ喜ぶ小学生たち
 


上へ
©2002 Ibaraki education foundation. All rights reserved.