www.ibaraki-maibun.org 発掘情報いばらき
W 報告書のご案内
情報最前線
概要
発掘遺跡・整理遺跡
情報収蔵室
小中学生のためのやさしい考古学講座
報告書のご案内
リンク集
HOME
E-mail

田崎遺跡


書名ふりがな
たざきいせき
書名
田崎遺跡
副書名かな
いっぱんこくどう6ごうちよだいしおかばいぱす(かすみがうらしいちかわ〜いしおかしひがしおおはし)じぎょうちないまいぞうぶんかざいちょうさほうこくしょ
副書名
一般国道6号千代田石岡バイパス(かすみがうら市市川〜石岡市東大橋)事業地内埋蔵文化財調査報告書
巻次
IV
シリーズ名
茨城県教育財団文化財調査報告
シリーズ番号
第327集
著者名
齋藤貴史 本橋弘巳
編集・発行機関
財団法人茨城県教育財団
郵便番号
310-0911
所在地
茨城県水戸市見和1丁目356番地の2
電話番号
029-225-6587
発行年月日
2010(平成22)年3月24日
遺跡番号
08245-148
遺跡名かな
たざきいせき
遺跡名
田崎遺跡
遺跡所在地かな
いばらきけんいしおかしおおあざいしおか4795ばんちほか
遺跡所在地
茨城県石岡市大字石岡4795番地ほか
遺跡北緯度
36 度10 分27 秒
遺跡東経度
140 度17 分3 秒
遺跡標高
10〜20m
調査期間
20080801〜20090131 20090401〜20090531
調査面積
7,289u
調査原因
一般国道6号千代田石岡バイパス(かすみがうら市市川〜石岡市東大橋)建設工事に伴う事前調査
種別
集落跡/その他
時代
縄文/古墳/奈良/平安/中世/近世/不明
遺構と遺物
縄文 炉穴1 基,土坑2基/縄文土器(深鉢),礫
古墳 竪穴住居跡27 軒,柱列跡1列,遺物集中地点1か所/土師器(坏・高坏・坩・壺・甕・甑・ミニチュア・手捏),須恵器(坏・蓋・高坏・提瓶),土玉,球状土錘,管状土錘,支脚,羽口,砥石,耳環
奈良 竪穴住居跡19 軒,掘立柱建物跡3 棟,土坑6 基/土師器(坏・甕),須恵器(坏・高台付坏・盤・蓋・高盤・鉢・甕),土玉,球状土錘,支脚,砥石,刀子,鎌,釘
平安 竪穴住居跡12 軒,掘立柱建物跡4 棟,柱列跡1 列,水場遺構1 か所,遺物包含層1 か所,不明遺構1 基/土師器(坏・高台付椀・高台付皿・甕),須恵器(坏・高台付坏・盤・蓋・高坏・鉢・甕・甑),灰釉陶器(長頸瓶),球状土錘,紡錘車,巡方,刀子,瓦,木製品
中世・近世 掘立柱建物跡4 棟,溝跡6 条
不明 竪穴住居跡2 軒,柱穴の可能性がある土坑3 基,土坑85 基,溝跡3 条,ピット群4 か所,埋没谷2 か所/縄文土器,弥生土器,土師器,須恵器,土師質土器,陶器,磁器,土製品,石器,鉄製品
要約
当遺跡は,縄文時代から近世にかけての複合遺跡で,集落が営まれ時期は,古墳時代前期と後期,奈良・平安時代である。隣接する田島遺跡(三面寺地区)と同時期の集落跡も確認しており,恋瀬川左岸の河岸段丘上には,集落が広範囲にわたって点在していたことが判明した
 
平安時代の人々が利用した水場遺構
則天文字の「天」を省略したとみられる墨書土器
 
もどる
上へ
©2005 Ibaraki education foundation. All rights reserved.