www.ibaraki-maibun.org 発掘情報いばらき
報告書のご案内
情報最前線
概要
発掘遺跡・整理遺跡
情報収蔵室
小中学生のためのやさしい考古学講座
報告書のご案内
リンク集
HOME
E-mail

篠崎遺跡

 
書名ふりがな
しのざきいせき
書名
篠崎遺跡
副書名かな
あみよしわらひがしとちくかくせいりじぎょうちないまいぞうぶんかざいちょうさほうこくしょ
副書名
阿見吉原東土地区画整理事業地内埋蔵文化財調査報告書
巻次
シリーズ名
茨城県教育財団文化財調査報告
シリーズ番号
第347集
著者名
寺内久永  関 絵美
編集・発行機関
財団法人茨城県教育財団
郵便番号
310-0911
所在地
茨城県水戸市見和1丁目356番地の2
電話番号
029 -225-6587
発行年月日
2011(平成23)年3月23 日
遺跡番号
08443−116
遺跡名かな
しのざきいせき
遺跡名
篠崎遺跡
遺跡所在地かな
いばらきけんいなしきぐんあみまちおおあざよしわらあざしのざき2291ばんちの1ほか
遺跡所在地
茨城県稲敷郡阿見町大字吉原字篠崎2291番地の1ほか
遺跡北緯度
35度59分7秒
遺跡東経度
140度14分1秒
遺跡標高
22〜24m
調査期間
20090901〜20100331
調査面積
10,955 u
調査原因
阿見吉原東土地区画整理事業に伴う事前調査
種別
包蔵地/集落跡/その他
時代
旧石器/縄文/古墳/中世/不明
遺構と遺物
旧石器 石器集中地点1か所/石器(ナイフ形石器・石核・剥片)
縄文 陥し穴1基
古墳 竪穴住居跡20軒/土師器(坏・椀・高坏・坩・器台・壺・甕・甑・ミニチュア土器・手捏土器),土製品(土玉),石製品(勾玉・臼玉・単孔円板・双孔円板・剣形模造品)
中世・近世 井戸跡2基,地下式坑12基,堀跡1条,溝跡4条,土坑2基,不明遺構1基/土師質土器(小皿・灯明皿・内耳鍋),陶器(甕),石器(砥石),金属製品(刀子・銭貨),獣骨(馬骨・馬歯)
不明 道路跡1条,溝跡13条,土坑252基/土製品(土玉・管状土錘),石器(石鏃・磨製石斧・砥石),石製品(単孔円板・双孔円板・剣形模造品),金属製品(銭貨)
要約
当遺跡は,旧石器時代から中世にかけての複合遺跡である。集落が営まれた時期は古墳時代で,前期が中心である。前期の集落は短期間で,当遺跡の東側の対岸に位置する薬師入遺跡から当遺跡へと広がり,再び薬師入遺跡へと集約されていく様相がうかがえる。土器は,上総地域,南武蔵地域,東海地方,北陸地方などの影響を受けた土師器が出土している。特に甕は上総系の平底甕が中心であるが,南武蔵系の台付甕も一定量出土している。
 
北上空から見た篠崎遺跡
出土遺物(古墳前期土師器集合)
もどる
上へ
©2005 Ibaraki education foundation. All rights reserved.