www.ibaraki-maibun.org 発掘情報いばらき
報告書のご案内
情報最前線
概要
発掘遺跡・整理遺跡
情報収蔵室
小中学生のためのやさしい考古学講座
報告書のご案内
リンク集
HOME
E-mail

児松遺跡2

 
書名ふりがな
こまついせき
書名
児松遺跡2
副書名かな
いっぱんこくどう468ごうしゅとけんちゅうおうれんらくじどうしゃどうしんせつじぎょうちないまいぞうぶんかざいちょうさほうこくしょ
副書名
一般国道468 号首都圏中央連絡自動車道新設事業地内埋蔵文化財調査報告書
巻次
 
シリーズ名
茨城県教育財団文化財調査報告第351集
シリーズ番号
 
著者名
小川貴行 松林秀和
編集・発行機関
財団法人茨城県教育財団
郵便番号
310-0911
所在地
茨城県水戸市見和1丁目356番地の2
電話番号
029 -225-6587
発行年月日
2012(平成24)年3月16日
遺跡番号
08229−441037
遺跡名かな
こまついせき
遺跡名
児松遺跡
遺跡所在地かな
いばらきけんい なし きしえどさきあ ざは らお つ460ばんちほか
遺跡所在地
茨城県稲敷市江戸崎字原乙460 番地ほか
遺跡北緯度
35 度56 分54 秒
遺跡東経度
140 度18 分44 秒
遺跡標高
20〜23 m
調査期間
20090201〜20090331 20090701〜20090731
調査面積
1,551 u 1,080 u
調査原因
一般国道468号首都圏中央連絡自動車道新設事業に伴う事前調査
種別
集落跡/墓域跡/その他
時代
縄文/弥生/古墳/中世・近世/不明
遺構と遺物
縄文 竪穴住居跡4 軒,土坑19 基/縄文土器,土製品(土器片錘・土器片円盤),石器(石鏃・磨石・敲石),貝(ハマグリ・シオフキ)
弥生 竪穴住居跡7 軒/弥生土器,土製品(紡錘車),石器(鏃・敲石・凹石),ガラス製品(小玉)
古墳 竪穴住居跡2 軒/土師器,土製品(土玉),貝(ヤマトシジミ)
中世・近世 墓坑の可能性 がある土坑 9基,溝跡2 条/土師質土器, 陶器, 磁器,銭貨(元祐通寳)
不明 
土坑108基,溝跡2条/陶器, 磁器, 石器( 石錘・砥石),金属製品(天秤針ヵ)
要約
当遺跡は,縄文時代中期後葉から後期初頭,弥生時代後期,古墳時代前期の集落跡である ことが明らかになった。また,中世・近世の墓坑の可能性がある土坑,溝跡が確認されており, 中世・近世においては墓域として土地利用されていたことが想定される。
 
北西側上空から見た当遺跡
確認された縄文時代の住居跡
もどる
上へ
©2005 Ibaraki education foundation. All rights reserved.