www.ibaraki-maibun.org 発掘情報いばらき
報告書のご案内
情報最前線
概要
発掘遺跡・整理遺跡
情報収蔵室
小中学生のためのやさしい考古学講座
報告書のご案内
リンク集
HOME
E-mail

島名熊の山遺跡

 
書名ふりがな
しまなくまのやまいせき
書名
島名熊の山遺跡
副書名かな
しまな・ふくだつぼいったいがたとくていとちくかくせいりじぎょうちないまいぞうぶんかざいちょうさほうこくしょ
副書名
島名・福田坪一体型特定土地区画整理事業地内埋蔵文化財調査報告書][
巻次
シリーズ名
茨城県教育財団文化財調査報告第360集
シリーズ番号
著者名
仲村浩一郎 坂本勝彦 江原美奈子
編集・発行機関
財団法人茨城県教育財団
郵便番号
310-0911
所在地
茨城県水戸市見和1丁目356番地の2
電話番号
029 -225-6587
発行年月日
2012(平成24)年3月16日
遺跡番号
08220−214
遺跡名かな
しまなくまのやまいせき(15区)
遺跡名
島名熊の山遺跡(15区)
遺跡所在地かな
いばらきけんつくばししまなあざなかだい1190 ばんちほか
遺跡所在地
茨城県つくば市島名字中代1190 番地ほか
遺跡北緯度
36 度3分46 秒(36 度3分58 秒)
遺跡東経度
140 度3分31 秒(140 度3分19 秒)
遺跡標高
20〜22 m
調査期間
20040601〜20050331 20060401〜20060630 20070101〜20070331 20070401〜20070930 20080401〜20080731 
調査面積
18,760 u 7,517 u 1,952 u 2,350 u 323 u 
調査原因
島名・福田坪一体型特定土地区画整理事業に伴う事前調査
種別
集落跡
時代
古墳/奈良/平安/中世・近世/不明 
遺構と遺物
古墳 竪穴住居跡 60 軒,竪穴遺構 5基,土坑 3基/土師器,須恵器,土製品(勾玉・土玉・紡錘車・鋤先形土製品・鏡形模造品),石器・石製品(砥石・勾玉・臼玉),金属製品(刀子・鏃・鎌・釘・小札・鉄滓・耳環),ガラス製品(臼玉)
奈良 竪穴住居跡 11軒/土師器,須恵器,石器・石製品(砥石・小玉・紡錘車),金属製品(刀子・鏃・鎌・釘・小札・座金具・ホ具)
平安 竪穴住居跡 10 軒,井戸跡 1基,墓坑 2基,土坑 5基,溝跡 1条/土師器,須恵器, 灰釉陶器(碗・瓶類)土製品(紡錘車),石器・石製品(砥石・紡錘車)金属製品(短剣・刀子・鏃・鎌・釘・環状金具・閂)
中世・近世 竪穴遺構 1基,掘立柱建物跡 13 棟,井戸跡 31 基,地下式坑 5基,火葬土坑 2基,墓坑 7基,土坑 31 基,道路跡 2条,溝跡 24 条,杭列跡 22 列/土師質土器(小皿・香炉・内耳鍋・擂鉢・火鉢),陶器(小杯・天目茶碗・碗・皿・香炉),磁器(小杯),石器・石製品(砥石・五輪塔・石臼・茶臼・宝篋印塔・石板・硯),木製品(杓子・杭)鉄製品(刀子),銭貨
不明 竪穴住居跡 2軒,掘立柱建物跡 8棟,土坑 625 基,溝跡 34 条,ピット群 14 か所/土師質土器(小皿・内耳鍋・擂鉢),陶器(碗・皿),磁器(碗),鉄製品(鐙金具)
要約
過去の調査結果を含めると,古墳時代から平安時代にかけての竪穴住居跡約2385 軒,掘立柱建物跡約378棟が確認されている県内最大級の集落跡である。今年度報告の調査区は,台地の北西部と南部縁辺部で,古墳時代から平安時代の集落跡のほか,中世から近世にかけての掘立柱建物跡や区画溝が確認されている。
 
調査区全景(南側上空から)
古墳時代土器集合
もどる
上へ
©2005 Ibaraki education foundation. All rights reserved.